活動記録

日本産水産物輸出オンライン商品説明会 2022年2月

2022.2.7

国内

■事業名:「日本産水産物輸出オンライン商品説明会2022」
■実施期間: 2022年2月7日(月)~25日(金)
■主催者:水産物・水産加工品輸出拡大協議会
■事務局:エグジビション テクノロジーズ(株)
■受託業務:日本政府が掲げる2030年の国産水産物輸出目標額1.2兆円の達成に向け、マグロ、ブリ、ホタテを中心に輸出意向を有する日本の漁業者、養殖業者、水産加工業者、商社等と海外バイヤーとのオンライン商品説明会を開催し、オールジャパンで水産物の輸出拡大に取り組む機会とします。
取り組み内容は、基礎サイト構築、バイヤーへの取引意向確認の事前ヒアリング、参加者の誘致、サイトへの参加者掲載、参加者の商品紹介、商談調整、アンケート回収、報告書の作成、等。
※ 一昨年度に開催し、1日で約13億円の成約見込みを実現した「日本産水産物輸出商談会」に代わる商品PRサイトをベースに、サポート体制を付加し、輸出拡大に資する商品PRに取り組むものとする。
事業目的:海外バイヤーに日本産水産物・水産加工品を広く紹介するとともに、コロナ禍で情報収集、情報交換、宣伝活動及び商談が滞っている海外バイヤー、日本国内の関係事業者等に対し、ヒアリング、商品説明、商談仲介等のサポートを実施し、輸出拡大に貢献する。
■事業内容:
1)主たる対象国を選定し、現地の提携先と共に、事前にバイヤーの要望を把握、その情報を国内の関係事業者等に広く通知し、関心ある事業者等をサイトに掲載し、商品説明を実施する。
2)掲載された事業者等の情報をバイヤーに通知し、商品宣伝を実施、商品照会、商談を得るものとする。
3)商品に関心をいただいたバイヤーには、商談の進行を電話、メール等でサポートし、商談成果へと結び付けるものとする。
■成果:前年度比の約1.5倍となる91社をサイトに掲載、海外バイヤー約5000社に案内し、中国、タイ、フランス、スペインから商談希望があり約5億円の成約を見込める成果を得ることが出来た。

報告書はこちら

«