Japan Aquatic Products Export Council

| 日本語 | English |

水産物・水産加工品輸出拡大協議会

Japan Aquatic Products Export Council

お知らせ

海外マーケット調査資料

2018年12月17日

2018年度

~水産物輸出拡大に向けて~日本産水産物の輸出をめざす企業様の海外商談会への参加募集!

 水産物・水産加工品輸出拡大協議会は、Jetroサンフランシスコ事務所の後援をいただき、水産物の輸出を目指す、加工事業者や商社等の、『サンフランシスコ商談会』(詳細後述)への参加者約10社程度を募集します

 

1.補助の対象者:日本産水産物の輸出を目指す、水産物生産・加工事業者と国内商社等

2.補助の対象費目:旅費、交通費、宿泊費、食材費等実費の1/2。

3.対象期間:2019年2月開催の本商談会参加期間と、これに引き続き当該商談の継続商談として独自に個別商談をする期間を含む(最長10日間)

4.申請方法:下記協議会HP掲載の商談計画書(様式1)を作成し、本協議会事務局へ申請(補助を受け商談を実施した場合は、30日以内に助成金請求書及び商談報告書(商談相手、アイテム、商談件数、成約及び見込等成果を報告。)を事務局(下記、光冨宛)提出願います。

助成金の条件、請求等につきましては、下記の当会HPにてご確認願います。

http://japan-aquatic-products-export-council.jp/

5.問い合わせ先:水産物・水産加工品輸出拡大協議会(一般社団法人大日本水産会内)

住所:107‐0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル8F

Tel:03-3585-3585 今野、浅川、光冨

E-Mail:konno@suisankai.or.jp

mitsutomi@suisankai.or.jp(助成金に係る申請・問い合わせ先)

6.締切:平成30年12月27日 (応募者多数の場合、計画内容を協議会で審査して決定。)

 

サンフランシスコ商談会概要

開催日時: 2019年2月9日

会場:和食レストラン Ginto

   https://www.gintosf.com/

 

【イベントの概要】

〔セミナー〕11時開始

・協議会代表挨拶 5分

・寿司セミナー・試食アンケート(国際寿司知識認証協会による)55分

 

〔商談〕12時開始 15時終了

各社出展ブース(テーブル)での商品デモ・商談

・サンフランシスコ側来場者・商談相手

現地水産物・食品輸入業者、日米系食品ディストリビューター、食品ブローカー、小売業者、レストラン関係者(バイヤー、シェフ)、フード・レストラン関係ブロガー/レポーターなど

*希望者食材を提供いただければ、寿司職人による刺身、握りなど試食対応可能。

 

 

2018年12月5日

「日本産水産物輸出商談会inシカゴ」参加者募集のご案内

 12州から成る米国中西部は全米製造業の中心地であり、米国GDPの約14%、人口の20%超(約6,800万人)を占める一大市場です。米国内でも比較的保守的な食文化を持つと言われるこの地域でも、近年、水産物に対する関心が高まっており、日本食を提供するレストランの増加に伴い、寿司など魚の生食文化も広がりを見せています。本格的な寿司屋のみならず、米系レストラン・アジア系レストランにおいても、寿司がメニューに取り入れられている事例も増加しています。

 ジェトロは、「Seafood Expo North America 2019」(ボストン)に併せ、中西部最大都市シカゴにて、幅広くバイヤー(レストラン関係者、輸入卸売業者等)を招致して、寿司ネタ需要に焦点を当てた商談会を開催します。米国中西部市場への参入もしくは販路拡大に関心のある事業者の皆様、是非この機会をご活用ください。

 

◇日  時:2019年3月22日(金曜日)

◇場  所:シカゴ市内のホテルまたはイベント会場

◇主  催:日本貿易振興機構(ジェトロ)、水産物・水産加工品輸出拡大協議会

◇定  員:10社

◇対  象:米国中西部向け日本産水産物・水産加工品のPRおよび同地域への輸出に関心のある企業および生産者団体等

◇内  容:商談会、水産物・水産加工品輸出拡大協議会セミナー

◇開催形式:現地集合・現地解散型

◇費用負担:以下のとおり

≪主催者(ジェトロ)負担≫

商談会を実施する経費(会場費、共用設備、レンタル料)、通訳派遣費、バイヤー誘致に係る広報費等

 

≪参加者負担≫

サンプル商品等の輸送に要する経費(送料、通関料、関税、保険料他)、社員等の派遣に要する経費(渡航費、宿泊費、交通費、食費他)、商談に要するサンプル・試食品及び消耗備品他、商談会参加に係る海外旅行保険及び損害責任保険等で、上記の「主催者(ジェトロ)負担」に定める以外のもの

 

≪水産物・水産加工品輸出拡大協議会の補助事業≫

日本産水産物・水産加工品の輸出拡大のため、当該協議会及びジェトロが主催する海外・国内商談会に参加された水産物生産者・加工事業者、国内商社等に対し、商談の実施に必要な経費(旅費等の経費など)の支援を行っています。
詳しくは、水産物・水産加工品輸出拡大協議会のホームページをご確認ください。

 

◇申込締切:2018年12月28日(金) 12:00

 

詳細、お申込みはこちら (11月30日(金曜日)より募集開始しています。)

 

◇お問い合せ先:日本貿易振興機構(ジェトロ)
 水産品支援課(担当:杉山、濱田)
TEL:03-3582-8349 / FAX:03-3582-7378
E-mail: afd-mission@jetro.go.jp

 

 

2018年4月17日

日本産水産物・水産加工品の輸出商談をされる方々へ

平成30年4月16日

 水産物・水産加工品輸出拡大協議会は、平成30年度におきましても、日本産水産物・水産加工品の輸出促進のため、海外商談会及び国内商談会への経費助成を実施します。ただし、本年度におきましては、「オールジャパンでの販売促進支援」予算を活用する観点から、本年度の海外・国内商談会助成につきましては、当協議会又はJETRO主催の商談会における参加事業者様を対象としますのでご承知願います。

詳細や申請にあたり必要な書類については、以下に案内ファイルを添付しております。ダウンロードしてご利用下さい。

 

30年度海外・国内商談会案内

(様式1)海外・国内商談会計画書様式

(様式2)海外・国内商談会経費請求書(30年度様式)

(様式3)海外・国内商談会報告書様式

(様式4)海外・国内商談会報告書様式

(様式5)製造原価表(作成例)

よくあるご質問はこちら

 

◇海外・国内商談会助成金請求の流れ◇

助成案内を確認後、商談1週間前までに商談計画書(様式1)を協議会事務局へメールで提出

(特段問題点等あれば事務局より連絡)

商談実施

航空機搭乗券、ホテル領収書等を整理し、商談終了後、1ヶ月以内に助成金請求書(様式2)、商談報告書(様式3)、様式5(自社製品使用の場合)を提出。(事前に提出書類をPDFで事務局へメール送付し、確認する。)

事務局より問題ない旨回答受け次第、速やかに様式2(原本)、3、5及び証憑書類を郵送

事務局で審査し、必要に応じ追加書類の提出等を連絡

事務局審査が終了し、助成金支払い決定、送金日を通知

助成金支払い

3年間、毎年4/15までに同年3月までの成約状況を報告

 

 

 

2017年12月25日

台湾向け貝類の輸出に要する衛生証明書の発行が開始されます。詳しくは、下記URLをご確認願います。

台湾向け貝類の輸出に要する衛生証明書の発行が開始されます。詳しくは、下記URLをご確認願います。

 

http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/export/taiwanhealth.html

>過去のお知らせはこちら

水産物・水産加工品輸出拡大協議会(一般社団法人大日本水産会 内)

〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目9番13号 三会堂ビル8階

TEL:03-3585-3585 / FAX:03-3582-2337

Copyright©2016 Japan Seafood Export Promotion Association All Rights Reserved.